2011年01月01日

シュラガー

シュラガーラケットの性能を、色々な角度から分析して評価したいと思います。

今回はニッタク(nittaku)のケブラーカーボンのKCZと、ヤサカ(yasaka)のMAXカーボン3Dとの性能を比較し卓球ラケットのレビューをいたします。

シュラガー(schlager)は、バタフライ(butterfly)から発売のカーボン入りの卓球ラケットです。


飛距離は、
短い MAXカーボン3D<KCZ<シュラガー 飛距離が出る

スピードは、
遅い MAXカーボン3D<KCZ<シュラガー 速い

打球時の板自体の硬さは、
ソフト MAXカーボン<KCZ<シュラガー ハード

しなりは、
硬い シュラガ<マックスカーボン3D<ケーシーゼット しなる柔らかい

回転のかけやすさ
球離れが速い スュラガー<KCG<MAXカーボ3D ボールに回転かけやすい

重さは、
軽い KCZ82g<MAXカーボン3D88g<シュラガー94g 重い


評価
シュラガーは、打球感がハードでスマッシュが打ちやすいという印象です。
バタフライのカタログ表記中で一番弾むラケットのシュラガーは、実際にとてもよく弾みとてもスピードが出ます。
シュラガーラケットには、ドライブやスマッシュ一発で決める破壊力があります。
スマッシュで攻める方、あまり弾まない卓球ラバーや柔らかいラバーを使用している方、スイングスピードが速い方、表ラバーの方などに向いています。
シュラガーラケット自体にスピードと飛距離があるので、表ハイテンションラバーだと弾みすぎて、テンションではない普通の表ソフトラバーの方が良いかもしれません。
ボールの表面を薄く擦るドライブ主体の方、中陣後陣からのオールラウンドプレーの戦型にも適しています。

KCZは、シュラガーほどでなないですが、とてもスピードが出るラケットという感想です。
ファーストですがハードすぎず、しなりがある卓球ラケットです。
ティモボルスピリットティモボルALCよりも、KCZの方がソフトな打球感で回転をかけやすいという感想です。
スピードが欲しいドライブ主戦型の方、スピードドライブで打ち抜きたい方に向いています。
卓球ラケットの重量が軽いので、重い卓球ラバーのテナジー05ヴェガプロオメガ4を貼っても総重量が重くなりすぎません。

MAXカーボン3Dは、しなりはそれほど無いですが、球を持つ感覚がありスピンをかけやすいという感想です。
弾みはミッドファーストからファーストくらいの印象で、よく弾むカーボンラケットです。
中心材の近く(インナーファイバーの位置)にカーボンが配置されており、球持ちが良いです。
弾みがよく回転がかけやすいラケットが好む方、回転系の卓球ラバーを使用している方、サーブやツッツキに回転力が欲しい方にも向いています。
天極NEO2との相性が良いです。


レビューしたラケットの販売ページはこちらです。
卓球ラケット中古販売品 ST

卓球ラケット中古販売品 FL AN CO

卓球ラケット中古販売品 中国式ペン 日本式ペン
posted by 卓球ラケットの評価レビュー at 05:26 | シュラガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


 上記でレビューしたラケットはこちらで販売しています。
 卓球ラケット激安中古販売
 http://takra.seesaa.net/
 中古ラケットが定価の半額以下など激安です。
 レアな廃盤、限定品も多数あります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。