2010年05月27日

松下プロスペシャル

松下プロスペシャル卓球ラケットの性能や特徴をレビューして、様々な視点から分析し、総合的に評価したいと思います。

ニッタク(nittaku)のカットマン用ラケットのモノフォニック(monophonic)、ドニック(donic)の木材五枚合板のデフプレイセンゾー(defplaysenso)との性能を比較しレビューします。

松下プロスペシャル(matsushitaprospecial)は、バタフライのアリレートカーボン入りの卓球ラケットです。


飛距離は、
短い デフプレイセンゾー<モノフォニック<松下プロスペシャル 飛距離が出る

スピードは、
遅い デフプレイ<モノフォニク<松下プロスペシャル 速い

打球時の板の硬さ柔らかさは、
ハード 松下プロSP<モノフォニィック<デフプレーセンゾー ソフト

しなりは、
硬い 松下プロ<モノフオニック<デフプレイ しなる柔らかい

回転のかけやすさ
球離れが速い 松下プロ<モノフォニク<デフプレイ ボールに回転かけやすい

重さは、
軽い デフプレイセンゾー72g<モノフォニック89g<松下プロスペシャル90g 重い


評価
モノフォニックは、デフプレイと松下プロのちょうど中間のような適度な弾みで、攻守のバランスが良いです。
扱いやすいカット用ラケットです。

デフプレイセンゾーは、木材5枚合板で弾みを抑えたカットマンラケットです。
打球するとラケットがボールの威力を吸収してネット近くに返球できます。
返球したボールが台の近くでおさまるので、相手がドライブするためのボールと台の間隔が狭くなり、十分な体勢をとらせにくくできます。
テナジー05テナジ−25を使用しても弾みすぎる事がありません。
相手のドライブの威力を無くす事ができるので、カットマン型はもちろん、前陣異質型で粒高(ツブ高、イボ)を貼ってもよいと思います。

松下プロスペシャルは、カットマンに人気の卓球ラケットです。
打球した時に、アリレート内蔵なのであまり手に響きません。
カットマン用ラケットの中ではスピードが出て弾みます。
隙があればドライブ攻撃もしたい攻撃型カットマンの方におすすめです。
ラケットがわりと弾性が強いので、弾まない卓球ラバーを使用してもよいです。


レビューしたラケットの販売ページはこちらです。
卓球ラケット中古販売品 ST

卓球ラケット中古販売品 FL AN CO

卓球ラケット中古販売品 中国式ペン 日本式ペン
posted by 卓球ラケットの評価レビュー at 07:16 | 松下プロスペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


 上記でレビューしたラケットはこちらで販売しています。
 卓球ラケット激安中古販売
 http://takra.seesaa.net/
 中古ラケットが定価の半額以下など激安です。
 レアな廃盤、限定品も多数あります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。