2010年04月21日

ハイブリッドNCT

ハイブリッドNCT(ハイブリッドウッドNCT)の性能や特徴を、様々な視点から分析してレビューし、総合的に評価したいと思います。

バタフライの木材七枚合板のSK7α(SK7アルファ)、ニッタク(nittaku)のケブラーカーボンのKCZとの性能を比較しレビューします。

ハイブリッドNCTは、ヤサカSTIGA(現ユニバーSTIGA)から発売されている木材九枚合板の卓球ラケットです。


飛距離は、
短い SK7α<ハイブリッドNCT<KCZ 飛距離が出る

スピードは、
遅い ハイブリッドNCT<KCZ<SK7α 速い

打球時の板の硬さ柔らかさは、
ハード KCZ<SK7アルファ<ハイブリッドウッド ソフト

しなりは、
硬い SK7a<KZC<ハイブリットNCT しなる柔らかい

回転のかけやすさ
球離れが速い SK7α<KCZ<ハイブリッド ボールに回転かけやすい

重さは、
軽い KCZ82g<SK7α97g<ハイブリッドNCT99g 重い


評価
三本とも、スピードがファーストぐらいでとてもよく弾む卓球ラケットです。

KCZは、軽くてよく弾みスピードが出ます。
とてもハードで硬いというわけではないので、カーボンラケットですが扱いやすいです。
テナジー05ヴェガプロなどの重量がある卓球ラバーを貼っても、あまり重たくなりません。

SK7αは、あまりしなりがないためか、スピード出て威力のあるボールが打てます。
重量があるので相手のボールに押されにくく、カウンターを打ちやすいです。
裏ソフトドライブ型のハードヒッターにお勧めです。
スマッシュを多用する表ソフトラバーとも相性が良いです。

ハイブリッドNCTはしなりがあり、ボールが伸びるという感想です。
重量があり、スピードと回転量があるドライブが打てます。
クリッパーウッドWRBをさらにスピードを増したラケットといった印象です。
黒いデザインの卓球ラケットで、かっこいいです。


レビューしたラケットの販売ページはこちらです。
卓球ラケット中古販売品 ST

卓球ラケット中古販売品 FL AN CO

卓球ラケット中古販売品 中国式ペン 日本式ペン
posted by 卓球ラケットの評価レビュー at 07:55 | ハイブリッドNCT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


 上記でレビューしたラケットはこちらで販売しています。
 卓球ラケット激安中古販売
 http://takra.seesaa.net/
 中古ラケットが定価の半額以下など激安です。
 レアな廃盤、限定品も多数あります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。