2010年04月13日

ガシアンエキストラ

ガシアンエキストラの性能を、色々な角度から分析して評価したいと思います。

今回はドニック(DONIC)の木材五枚合板のパーソンディコンと、ヨーラ(JOOLA)のゾリクロスとの性能を比較し卓球ラケットのレビューをいたします。

ガシアンエキストラは、ヤサカ(Yasaka)から発売されていた廃盤の木材5枚合板の卓球ラケットです。


飛距離は、
短い パーソンディコン<ガシアンエキストラ<ゾリクロス 飛距離が出る

スピードは、
遅い パーソンディコン<ゾリクロス<ガシアンエキストラ 速い

打球時の板の硬さや柔らかさは、
ソフト ゾリクロス<バーソンディコン<ガシアンエキストラ ハード

しなりは、
硬い ガシアンエクストラ<ソリクロス<パーソンディコン しなる柔らかい

回転のかけやすさ
球離れが速い ガシエキ<パーソンディコン<ゾリクロス ボールに回転かけやすい

重さは、
軽い ゾリクロス79g<ガシアンエキストラ83g<パーソンディコン84g 重い


評価
3本とも五枚合板で、弾みすぎず硬すぎずという扱いやすい性能の木材ラケットです。
初心者から上級者まで幅広く使用できます。

パーソンディコンは、五枚合板の中でも弾みを抑えてあるという感想です。
色々な卓球ラバーを貼っても相性が良いです。
ハイテンションラバーを貼っても弾みすぎる事がなく使いやすいです。
粒高ラバーを貼るとボールをよく止める事ができます。

ゾリクロスは、ソフトな打球感なのにやや弾むという扱いやすく高性能な木材ラケットです。
柔らかく弾みすぎないので、ボールをコントロールしやすいです。
ヨーロッパ選手権ダブルス優勝のゾルタンファイヤーコナート選手使用モデルです。
ラケット自体が軽量なので、テナジー05ヴェガプロ(VEGA PRO)や藍鯨2を貼ってもそれほど重くなりません。

ガシアンエキストラは、ガシエキとも呼ばれる人気のある名盤ラケットです。
世界ランキング1位の王皓(ワンハオ)や北京オリンピック金メダルの馬琳(マリン)が若い時に使っていた卓球ラケットです。
そこそこ弾み、ややスピードが出て扱いやすいです。
粘着テンションラバーの天極NEO3とも相性が良いです。


レビューしたラケットの販売ページはこちらです。
卓球ラケット中古販売品 ST

卓球ラケット中古販売品 FL AN CO

卓球ラケット中古販売品 中国式ペン 日本式ペン
posted by 卓球ラケットの評価レビュー at 08:38 | ガシアンエキストラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


 上記でレビューしたラケットはこちらで販売しています。
 卓球ラケット激安中古販売
 http://takra.seesaa.net/
 中古ラケットが定価の半額以下など激安です。
 レアな廃盤、限定品も多数あります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。