2011年07月10日

ワルドナーセンゾーカーボン

ワルドナーセンゾーカーボン(Waldner senso carbon)の卓球ラケットの性能や特徴をレビューして、様々な視点から分析し、総合的に評価したいと思います。

今回はバタフライ(butterfly)の廃盤のアリレートカーボンのアイオライト(iolite)と、ニッタク(nittaku)の檜単板の雅(miyabi)とワルドナーセンゾーカーボンの性能を比較し、卓球ラケットのレビューをいたします。

ワルドナーセンゾーカーボンは、ニッタクから発売されていた卓球ラケットです。
現在は、ドニック(donic)から発売されています。
ワルドナーセンゾーカーボンは、ワルドナーオールプレイをベースにカーボン材が使用されている卓球ラケットです。

飛距離は、
短い ワルドナーセンゾーカーボン<アイオライト<雅 飛距離が出る

スピードは、
遅い ワルドナーセンソーカーボン<雅<アイオライ 速い

打球時の板の硬さや柔らかさは、
ハード アイオライト<ニッタクワルドナーセンゾーカーボン<みやび ソフト

しなりは、
硬い あいおらいと<ワルドナーセンゾー<雅 しなる柔らかい

回転のかけやすさ
球離れが速い イオライト<ワルドナーカーボン<ミヤビ ボールに回転かけやすい

重さは、
軽い ワルドナーセンゾーカーボン82g<アイオライト87g<雅91g 重い


評価
アイオライトは、飛距離とスピードが出ます。
ファーストほどです。
一発で打ち抜けるくらいのスピードがあります。
とてもよく弾むので、弾みを抑えた卓球ラバーとも相性が良いです。
現在はアイオライトNEOとして販売されています。

ワルドナーセンゾーカーボンは、そこそこ弾みます。
ミッドファーストほどです。
ワルドナーセンゾーカーボンの特徴は、中心材の近くにカーボンがあるインナーファイバーの卓球ラケットです。
カーボンラケットと木材ラケットの中間のような卓球ラケットで、スピンをかけやすいです。
ワルドナーセンゾーカーボンは弾みすぎず、使いやすい卓球ラケットです。
台上などは弾みすぎず、ドライブや強打時には弾むという攻守のバランスがとれています。

雅は、飛距離とスピードが出ます。
ファーストほどです。
木材のみですがとてもよく弾みます。
ヒノキ材(檜)の単板ラケットで、板自体が柔らかいという感想です。
ソフトな打球感なので、硬めのハードな卓球ラバーにも合います。
スピードも出てスピンもよくかかり、一撃の威力があります。
 
関連
ワルドナーセンゾーウルトラカーボン卓球ラケットの評価レビュー

ファイヤーフォールACとワルドナーセンゾーカーボンJO Shapeの卓球ラケットレビュー
 


レビューしたラケットの販売ページはこちらです。
卓球ラケット中古販売品 ST

卓球ラケット中古販売品 FL AN CO

卓球ラケット中古販売品 中国式ペン 日本式ペン
posted by 卓球ラケットの評価レビュー at 07:04 | ワルドナーセンゾーカーボン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


 上記でレビューしたラケットはこちらで販売しています。
 卓球ラケット激安中古販売
 http://takra.seesaa.net/
 中古ラケットが定価の半額以下など激安です。
 レアな廃盤、限定品も多数あります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。