2013年12月24日

インナーフォースALとオールラウンドウッドNCTとアストロンレッド

インナーフォースALレビュー

インナーフォースALの卓球ラケットの性能をレビューし、色々な角度から特徴を分析して評価したいと思います。

インナーフォースALは、バタフライから発売されている特殊素材アリレート内蔵の卓球ラケットです。

インナーフォースALとオールラウンドウッドNCTとアストロンレッドの性能

今回はインナーフォースAL、TSPの木材五枚合板のアストロンレッド、スティガの木材5枚合板のオールラウンドウッドNCTの性能を比較し、卓球ラケットのレビューをいたします。


飛距離は、
短い オールラウンドウッドNCT<インナーフォースAL<アストロンレッド 飛距離が出る

スピードは、
遅い オールラウンドNCT<インナーフォース・AL<アストロレッド 速い

打球時の板の硬さや柔らかさは、
ハード アストンレッド<オールランドウッドNCT<インナフォースAL ソフト

しなりは、
手に響かない インナーフォースAL<アストロンレッド<オールラウンドウッドNCT しなる

回転のかけやすさ
球離れが速い アスロンレッド<オールウッドNCT<インナーAL ボールに回転かけやすい

重さは、
軽い オールラウンドウッドNCT83g<インナーフォースAL85g<アストロンレッド89g 重い


評価
3枚とも弾み過ぎず、初心者や子供と女性の方にも使いやすいコントロールが良い卓球ラケットです。

インナーフォースALは、思ったよりも板が柔らかくソフトという感想です。
ALの位置がインナーになっています。
アリレートの減衰振動性能のため手に響かないです。
そのためブレードがしなるというより、インナーフォースALは板の柔らかさでボールを掴むという感覚でした。
とても回転をかけやすいです。
回転量やコントロール性能を重視したい方、カーボンラケットは硬いという方、インナーフォースALCは弾み過ぎるという方などに向いています。
インナーフォースALは、テナジー05よりもテナジー80やテナジー64と相性が良いように感じました。
サーブやドライブのスピン重視という性能です。

アストロンレッドは、木材五枚合板の中ではやや弾み重視という感想です。
弾みが控えめな五枚合板を使っていてもう少しスピードが欲しい方やもう少し飛距離がほしい方、ラケットを弾みが良いものにステップアップしたいという方に向いています。
回転系ラバーでスピン性能が十分にあってラケットでスピードを足したいという方にも向いています。
ややスピード重視の性能です。

オールラウンドウッドNCTは、飛び過ぎず飛ばなさ過ぎずでコントロール性能が良いです。
柔らか過ぎず少しハードな打球感で弾き返しやすく、オールラウンドエボリューションのような板の硬さです。
適度な弾みなので、振れば入る感覚があります。
テンション系の卓球ラバーが弾みすぎるという方、オーバーミスを無くしたい方に向いています。
使い勝手の良さとコントロールと回転重視の性能です。

比較する前は、性能に大差ないのではと思っていました。
比べてみるとラケットの性能や特徴にかなりの違いがあり驚きました。

レビューしたラケットの販売ページはこちらです。
卓球ラケット中古販売品 ST

卓球ラケット中古販売品 FL AN CO

卓球ラケット中古販売品 中国式ペン 日本式ペン
posted by 卓球ラケットの評価レビュー at 04:43 | インナーフォースAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


 上記でレビューしたラケットはこちらで販売しています。
 卓球ラケット激安中古販売
 http://takra.seesaa.net/
 中古ラケットが定価の半額以下など激安です。
 レアな廃盤、限定品も多数あります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。