2011年08月28日

オフェンシブ40

オフェンシブ40卓球ラケットの性能や特徴をレビューして、様々な視点から分析し、総合的に評価したいと思います。

今回はヤサカ(yasaka)の木材七枚合板のエキストラ7(extra7)とオフェンシブ40、スティガのオールラウンドエボリューションの性能を比較し、卓球ラケットのレビューをいたします。

オフェンシブ40は、同じヤサカから発売されている卓球ラケットです。


飛距離は、
短い オールラウンドエボリューション<<オフェンシブ40<エキストラ7 飛距離が出る

スピードは、
遅い オールラウンドエボリューション<<オフェンシブ40<エキストラ7 速い

打球時の板の硬さや柔らかさは、
ハード エクストラ7<オールラウンドエボリューション<オフエンシブ40 ソフト

しなりは、
硬い オールラウンドエボリューション<オフェンシブ40<エキストラセブン しなる柔らかい

回転のかけやすさ
球離れが速い エキストラ七<オフェンシプ40<オルエボ ボールに回転かけやすい

重さは、
軽い オルエボ86g<オフェンシブ40 87g<エキストラ7 87.5g 重い


評価
オフェンシブ40は、板が木材五枚合板のように少し柔らかい卓球ラケットです。
オフェンシブ40には球持ちの感覚があり、回転をかけやすいです。
木材七枚合板ですが、ぶっ飛びの飛距離重視と言うよりは、スピードとスピン重視の卓球ラケットです。
よく弾みスピードの出る卓球ラバーの天極NEO3やテナジー05、バック面にテナジー64やブライススピードとも、オフェンシブ40は相性が良いです。
オフェンシブ40はミッドファーストです。

エキストラ7はややハードで、木材ラケットの中ではスピードが出ます。
ミッドファーストほどです。
エキストラ7は板自体がややハードですが、ややしなりがある卓球ラケットです。
フォア面に天極NEO2、キョウヒョウNEO3やテナジー05、バック面にテナジー64やブライススピードFXとも相性が良いです。

オールラウンドエボリューションは、エキストラ7やオフェンシブ40に比べて飛距離とスピードが出ないですが、スピンがよくかかります。
カーボンラケットのように勝手に飛んでいかず使いやすいので、オールラウンドエボリューションは初心者の方に向いています。
コントロール性能と安定感があるので、ハイテンションラバーを貼っていてオーバーミスが気になる方にもおすすめです。
 

レビューしたラケットの販売ページはこちらです。
卓球ラケット中古販売品 ST

卓球ラケット中古販売品 FL AN CO

卓球ラケット中古販売品 中国式ペン 日本式ペン
posted by 卓球ラケットの評価レビュー at 06:20 | オフェンシブ40 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


 上記でレビューしたラケットはこちらで販売しています。
 卓球ラケット激安中古販売
 http://takra.seesaa.net/
 中古ラケットが定価の半額以下など激安です。
 レアな廃盤、限定品も多数あります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。