2010年03月30日

ヒノカーボンパワー

ヒノカーボンパワーの性能を、色々な角度から分析して評価していきたいと思います。
今回はバタフライのティモボルスピリットと、DONICのワルドナーブラックデビルCBとの性能を比較し卓球ラケットのレビューをします。

ヒノカーボンパワーは、TSPから発売されている檜(ヒノキ)とカーボンを使用した卓球ラケットです。

飛距離は、
短い ティモスピ<ワルドナーブラックデビルCB<ヒノカーボンパワー 飛距離が出る

スピードは、
遅い ティモボルスピリット<ヒノカーボンパワー<ワルドナーブラックデビル 速い

打球時の板の硬さや柔らかさは、
ソフト ワルドナーブラックデビルCB<ヒノキカーボン<ティモポルスピリット ハード

しなりは、
硬い ヒノカーボンパワー<ボルスピリット<ワルドナーブラックCB しなる柔らかい

回転のかけやすさ
球離れが速い ティモスピ<ワルドナーデビル<ヒノカーボンパワ ボールに回転かけやすい

重さは、
軽い ワルドナーブラックデビル80g<ヒノカーボンパワー81g<ティモスピ93g 重い

評価
ワルドナーブラックデビルCBはカーボンが入っておりスピードが出て、しなります。
バルサ材を使用しているので打球感が独特です。
しなりの感覚が少し単板に似ているような印象です。

ティモボルスピリットは球離れが良いため、表ソフトラバーにも使えるのではといった感想です。
アリレートカーボン配合の卓球ラケットです。
重量がやや重いです。

ヒノカーボンパワーは飛距離がでるので、どちらかというと中陣後陣向きです。
それほど弾まない卓球ラバーを貼れば、前陣でも使用できると思います。
ヒノカーボンはハードでしなりがあまりないカーボンラケットですが、少しボールをつかむ感覚があるので思ったより回転がかけやすかったです。


posted by 卓球ラケットの評価レビュー at 14:49 | ヒノカーボンパワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年03月28日

アコースティック

アコースティックの性能や特徴を、様々な視点から分析して総合的に評価したいと思います。
ヤサカのグラスファイバーが使用されている韓陽ファイバースペシャル、DONICの木材合板ラケットのパーソンパワープレイとの性能を比較しレビューします。

アコースティックはニッタクから発売されている弦楽器の木材を使用した卓球ラケットです。

飛距離は、
短い 韓陽ファイバースペシャル<パーソンパワープレイ<アコースティック 飛距離が出る

スピードは、
遅い 韓陽ファイバー<アコースティック<パーソンパワープレイ 速い

打球時の板の硬さ柔らかさは、
ハード 韓陽スペシャル<パーソンパワープレー<アコースティク ソフト

しなりは、
硬い 韓陽ファイバーS<アコースティク<パーソンパワーP しなる柔らかい

回転のかけやすさ
球離れが速い パーソンPプレー<アコースティック<韓陽ファイバースペシャル ボールに回転かけやすい

重さは、
軽い 韓陽ファイバーsp80g<パーソンPP84g<アコースティック85g 重い

評価
韓陽ファイバースペシャルはしなりはあまりないですが、回転がかけやすくボールの返球が安定します。
そして、軽いです。
中国式ペンだと両面に卓球ラバーを貼ると総重量の重さがネックになるのですが、ラケット自体が軽いのであまり手首に負担がかからないです。

パーソンパワープレイは、木材ラケットにしてはスピードが出てよく弾みます。飛距離はアコースティクくらいですが、球のスピードは3本の卓球ラケットの中で一番速いです。
やや球離れが早めです。

アコースティックは、パーソンパワープレイと飛距離が同じくらいでした。
しなりこそあまりないものの、韓陽ファイバースペシャルと同様に回転がかけやすかったです。
ミッドファーストくらいの弾みで回転もかけやすいといった感想です。
さすが人気がある高性能な卓球ラケットです。
 
posted by 卓球ラケットの評価レビュー at 07:46 | アコースティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


 上記でレビューしたラケットはこちらで販売しています。
 卓球ラケット激安中古販売
 http://takra.seesaa.net/
 中古ラケットが定価の半額以下など激安です。
 レアな廃盤、限定品も多数あります。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。