2019年03月12日

アペルグレンCFZと和の極−碧−の卓球ラケットを比較レビュー

アペルグレンCFZと和の極−碧−の卓球ラケットの比較レビューの卓球ラケットの性能をレビューします

アペルグレンCFZと和の極−碧−の卓球ラケットの比較レビューを色々な角度から性能や特徴を分析し評価したいと思います。

アペルグレンCFZと和の極−碧−の比較レビュー 卓球ラケット中古販売


アペルグレンCFZ和の極−碧−の卓球ラケットの比較レビューの卓球ラケットの各性能を比較したレビュー


アペルグレンCFZ和の極−碧−の卓球ラケットの比較レビューの各性能を比較し、卓球ラケットのレビューをしていきます。

飛距離は、
弾まない 和の極−碧−<アペルグレンCFZ 飛距離が出る

スピードは、
遅い 和の極−碧−<アペルグレンCFZ 速い

回転のかけやすさ
球離れが速い アペルグレンCFZ<和の極−碧− ボールに回転かけやすい

相手の回転の影響の受けにくさは、
回転の影響を受けやすい 和の極−碧−<アペルグレンCFZ 影響を受けにくい

アペルグレンCFZと和の極−碧−の卓球ラケットの比較レビューの卓球ラケットの感想と評価


アペルグレンCFZの感想は、よく弾み攻撃力を重視した卓球ラケットという評価です。
攻撃力を上げたい方、一撃の威力がほしい方、中陣や後陣からドライブする方、弾まない卓球ラバーを使用している方などに向いています。

和の極−碧−の感想は、スピンがかけやすい卓球ラケットです。
ぶっ飛び過ぎず安定感があります。
ボールが飛び過ぎて困っている方におすすめです。

ラケットによってボールのスピードやスピンが大きく違ってきます。
同じ卓球ラバーを使用しても、威力や回転に違いが出ます。
どういったラケットなら、勝ちやすくなるのか。
実際に打ってみて、一番勝てるラケットを探していくとおもしろいです。


posted by 卓球ラケットの評価レビュー at 15:01 | 卓球ラケット評価レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年11月15日

SK7とアバロックスP700とWG7の卓球ラケットの比較レビュー

SK7とアバロックスP700とWG7の卓球ラケットの比較レビューの卓球ラケットの性能をレビューします

SK7とアバロックスP700とWG7の卓球ラケットの比較レビューを様々な角度から特徴を分析し評価したいと思います。



SK7とアバロックスP700とWG7の卓球ラケットの比較レビューの卓球ラケットの各性能を比較したレビュー


SK7とアバロックスP700とWG7の卓球ラケットの比較レビューの各性能を比較し、卓球ラケットのレビューをしていきます。

飛距離は、
弾まない WG7<アバロックスP700<SK7 飛距離が出る

スピードは、
遅い アバロックス700<WG7ニッタク<SK七 速い

回転のかけやすさ
球離れが速い エスケーセブン<WGセブン<アパロックスP700 ボールに回転かけやすい

相手の回転の影響の受けにくさは、
回転の影響を受けやすい SKセブン<WG七<avaloxP700 影響を受けにくく返球しやすい

重さは、
軽い WG7 83g<SK7 90g<アバロックスP700 93g 重い

SK7とアバロックスP700とWG7の卓球ラケットの比較レビューの卓球ラケットの感想と評価


SK7の感想は、ファーストで威力を重視した卓球ラケットという評価です。
攻撃力を上げたい方、一撃の威力がほしい方、中陣や後陣からドライブする方、弾まない卓球ラバーを使用している方などに向いています。

アバロックスP700の評価は、飛距離が出て回転量がある卓球ラケットです。
板が柔らかめという感想を持ちました。
サーブやドライブの回転量で得点したい方、中陣や後陣からドライブする方向きです。
軽めの卓球ラバーがおすすめです。

WG7の感想は、攻撃力とスピン力がありながらぶっ飛び過ぎない卓球ラケットです。
軽いので、素早く振りやすいです。
木材五枚合板からスムーズにパワーアップしたい方におすすめです。

同じ卓球ラバーを使用しても、ラケットによって全くボールの球質が違ってきます。
どのラケットなら、相手がミスしやすいボールになるのか。
実際に打って、一番勝てるラケットを探していくと楽しいです。
posted by 卓球ラケットの評価レビュー at 12:00 | SK7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


 上記でレビューしたラケットはこちらで販売しています。
 卓球ラケット激安中古販売
 http://takra.seesaa.net/
 中古ラケットが定価の半額以下など激安です。
 レアな廃盤、限定品も多数あります。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。