2015年12月05日

インフィニティVPSVとメープルウッドNCTXと馬林エキストラオフェンシブの卓球ラケット比較レビュー

インフィニティVPSVとメープルウッドNCTXの卓球ラケットのレビュー

インフィニティVPSVとメープルウッドNCTXの卓球ラケットの性能や特徴をレビューします。
様々な視点から比較分析し、総合的に評価したいと思います。

インフィニティVPSVとメープルウッドNCTXはスティガ(STIGA)から発売されている卓球ラケットです。
木材五枚合板の卓球ラケットです。

そして、馬林エキストラオフェンシブも追加します。
ヤサカ(yasaka)の卓球ラケットです。
同じく木材5枚合板ラケットです。

インフィニティVPSVとメープルウッドNCTXと馬林エキストラオフェンシブの卓球ラケットの各性能を比較したレビュー


インフィニティVPSVとメープルウッドNCTXと馬林エキストラオフェンシブの各性能を比較し、卓球ラケットのレビューをしていきます。

飛距離は、
弾まない インフィニティVPSV<メープルウッドNCTX<馬林エキストラオフェンシブ 飛距離が出る
(ただし強めに直線的に当てるとインフィニティはもっと弾みます。)

スピードは、
遅い インフィニティVPS V<メープルウッドNCT X<馬琳エキストラオフェンシブ 速い

打球時の板の硬さや柔らかさは、
ハード 馬林エクストラオフェンシブ<メープルウッドX<インフィニティV ソフト

しなりは、
硬い マリンエキストラオフェンシブ<メープルウッドNCT5<インフィニティVPS5 しなる柔らかい

回転のかけやすさ
球離れが速い 馬淋エキストラオフェンシブ<メイプルウッドNCT X<インフィニティ5 ボールに回転かけやすい

重さは、
軽い メープルウッドNCTX80g<インフィニティVPSV84g<馬林エキストラオフェンシブ89g 重い

インフィニティVPSVの卓球ラケットの感想と評価


インフィニティVPSVの感想は、よく回転がかかる卓球ラケットという評価です。
ドライブで擦るように打球すると球持ちがよくボールにスピンをかけやすく飛距離がそんなに出ないと感じました。
柔らかく木材五枚合板らしい印象です。
ただし、スマッシュのように直線的に当てると飛距離がとても出ます。
さっきの印象とはガラッと変わりインフィニティVPSVはかなり飛ぶラケットになります。
ここまで打法によって飛び方に差がある卓球ラケットはあまりないと思います。

メープルウッドNCTXの卓球ラケットの感想と評価


メープルウッドNCTXの評価は、ボールを持ち過ぎずに球離れが早過ぎずという卓球ラケットです。
柔らかいラケットに比べて、相手の強い回転の影響を受け過ぎないです。
平均的な木材5枚合板と比べるとスピードが出ます。
ちょうどインフィニティVPSVと馬林エキストラオフェンシブの中間くらいの性能でした。
スピードが出ながらも攻守にバランスがとれています。
メープルウッドNCTXの80gよりも重い個体なら、もっとスピードと飛距離が出てもう少しハードになると思います。

馬林エキストラオフェンシブの卓球ラケットの感想と評価


馬林エキストラオフェンシブの感想は、とてもよく弾む卓球ラケットという評価です。
打球すると球離れが早くボールを弾きやすいと感じました。
上板の硬さが特徴的です。
この個体はかなり飛距離が出ます。
ファーストほどの印象です。
もっと軽い馬林エキストラオフェンシブはミッドファーストくらいでした。
あまり弾まない回転重視の卓球ラバーを使用している方、前陣よりも中陣後陣が主体の方、飛距離とスピードが欲しい方に向いている卓球ラケットです。
 

レビューしたラケットの販売ページはこちらです。
卓球ラケット中古販売品 ST

卓球ラケット中古販売品 FL AN CO

卓球ラケット中古販売品 中国式ペン 日本式ペン
posted by 卓球ラケットの評価レビュー at 21:19 | インフィニティVPSV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年10月17日

ビゼロックスとサーベリアンとスワットの卓球ラケットの比較レビュー

ビゼロックスとサーベリアンとスワットの卓球ラケットのレビュー

ビゼロックスとサーベリアンとスワットの卓球ラケットの性能をレビューします。
色々な角度から特徴を分析し評価したいと思います。

ビゼロックスはニッタクから発売されている卓球ラケットです。
板の構成は木材五枚合板です。

サーベリアンはニッタクの廃盤ラケットです。
インナーカーボンラケットとなっています。

スワットはTSPから発売されている卓球ラケットです。
木材七枚合板の卓球ラケットです。

さらにレーザーマルクスも比較レビューに加えます。
レーザーマルクスはコクタクの卓球ラケットです。

ビゼロックスとサーベリアンとスワットの卓球ラケットの各性能を比較したレビュー


ビゼロックスとサーベリアンそしてスワットとレーザーマルクスの各性能を比較し、卓球ラケットのレビューをしていきます。

飛距離は、
弾まない レーザーマルクス<ビゼロックス<サーベリアン<<スワット 飛距離が出る

スピードは、
遅い レーザーマルク<ビゼロクス<サベリアン<スッワト 速い

打球時の板の硬さや柔らかさは、
ハード スワット<サーベルアン<ビゼロック<レーザードライブ ソフト

しなりは、
硬い swat<レーザー<ビゼロ<サーベリア しなる柔らかい

回転のかけやすさ
球離れが速い スワット<<レイザーマルクス<サーベアン<ビゼックス ボールに回転かけやすい

重さは、
軽い レーザーマルクス71g<ビゼロックス84g=サーベリアン84g<スワット91g 重い

ビゼロックスとサーベリアンとスワットの卓球ラケットの感想と評価


ビゼロックスの感想は、とてもよくスピンがかかる卓球ラケットという評価です。
打球すると球持ちがとても良くボールに回転をかけやすいと感じました。
サーブやツッツキの切れを上げたい方、ドライブの回転量が欲しい方に向いている卓球ラケットです。
弾みがある卓球ラバーを使用していてもっとスピンが欲しい方などにおすすめです。

サーベリアンの評価は、カーボン内蔵ですがスピンがかけやすい卓球ラケットです。
インナーカーボンの構造になっていて弾き過ぎず球持ちがあります。
カーボン以外の木材は柔らかいものが使用されている印象です。
そこそこの弾みそして回転がほしいという方に向いています。

スワットの感想は、とてもよく弾む卓球ラケットという評価です。
打球すると球離れが早くボールを弾きやすいと感じました。
この個体は飛距離が出ます。
あまり弾まない回転重視の卓球ラバーを使用している方、前陣よりも中陣後陣が主体の方、飛距離とスピードが欲しい方に向いている卓球ラケットです。

レーザーマルクスの評価は、安定して入る卓球ラケットです。
重量が軽いです。
バルサ材と桧が使用されています。
コクタクのレーザーカーボンもバルサ材を使用です。
レーザーマルクスは、安定感がほしい方、よく弾む卓球ラバーを使用している方、バックに変化系表や粒高など異質ラバーを使用している方などに向いています。
 

レビューしたラケットの販売ページはこちらです。
卓球ラケット中古販売品 ST

卓球ラケット中古販売品 FL AN CO

卓球ラケット中古販売品 中国式ペン 日本式ペン
posted by 卓球ラケットの評価レビュー at 00:20 | ビゼロックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年08月25日

フォルティウスFTとパーソンパワースピードのレビュー卓球ラケット比較

フォルティウスFTとパーソンパワースピードのレビュー 木材七枚合板の卓球ラケット

フォルティウスFTとパーソンパワースピードの卓球ラケットの性能や特徴をレビューします。
様々な視点から比較分析し、総合的に評価したいと思います。

フォルティウスFTはミズノから発売されている卓球ラケットです。
木材七枚合板の卓球ラケットです。

パーソンパワースピードはヤサカ時代のドニックの廃盤卓球ラケットです。
フォルティウスFTと同じく木材七枚合板ラケットです。

フォルティウスFTとパーソンパワースピードの卓球ラケット比較レビュー


フォルティウスFTとパーソンパワースピードの各性能を比較し、卓球ラケットのレビューをしていきます。

飛距離は、
弾まない フォルティウスFT<パーソンパワースピード 飛距離が出る

スピードは、
遅い フォルティウス<パーソンスピード 速い

打球時の板の硬さや柔らかさは、
ハード パーソンパワー<ホルティウスFT ソフト

しなりは、
硬い パーソンパワスピ<フォルテウスFT しなる柔らかい

回転のかけやすさ
球離れが速い パーッソンパワースピード<フォーティウスFT ボールに回転かけやすい

重さは、
軽い フォルティウスFT89g<パーソンパワースピード92g 重い

フォルティウスFTとパーソンパワースピードの卓球ラケットの感想と評価


フォルティウスFTとパーソンパワースピードの卓球ラケットはどちらも同じ木材七枚合板です。
木材7枚合板同士でも性能に違いがありました。

フォルティウスFTの感想は、球持ちがある卓球ラケットという評価です。
打球感がミドルからややハードです。
軽い個体のフォルティウスFTだからか木材五枚合板っぽい球持ちの良さがあります。
サーブやドライブの回転量を増したいという方に向いています。
木材七枚合板の中でもスピンとやや安定の卓球ラケットという感想です。

パーソンパワースピードの評価は、飛距離と威力重視の卓球ラケットです。
ドライブがパワーアップするという性能でした。
筋力が無く打ち抜けないという方に向いています。
打球感はややハードです。
卓球ラバーはテナジー64のようなよく弾むものではややオーバーミスが気になりました。
スピン重視のラウンデルで十分なスピードと威力が出るという感想でした。
 

レビューしたラケットの販売ページはこちらです。
卓球ラケット中古販売品 ST

卓球ラケット中古販売品 FL AN CO

卓球ラケット中古販売品 中国式ペン 日本式ペン
posted by 卓球ラケットの評価レビュー at 14:49 | フォルティウスFT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年08月20日

XシリーズレッドとXー1の卓球ラケットの比較レビュー

XシリーズレッドとXー1の卓球ラケットのレビュー

XシリーズレッドとXー1の卓球ラケットの性能をレビューします。
色々な角度から特徴を分析し評価したいと思います。

XシリーズレッドはTSPから発売されている卓球ラケットです。
木材七枚+カーボンの卓球ラケットです。

Xー1はヤサカの廃盤卓球ラケットです。
木材五枚合板の卓球ラケットです。

XシリーズレッドとXー1の卓球ラケットの各性能を比較したレビュー


XシリーズレッドとXー1の各性能を比較し、卓球ラケットのレビューをしていきます。

飛距離は、
弾まない Xー1<Xシリーズレッド 飛距離が出る

スピードは、
遅い Xシリーズオフェンシブカーボン<Xー1 速い

打球時の板の硬さや柔らかさは、
ハード エックスシリーズレッド<エックス1 ソフト

しなりは、
硬い エックスー1<Xシリーズ しなる柔らかい

回転のかけやすさ
球離れが速い Xレッド<X1 ボールに回転かけやすい

重さは、
軽い Xー1 88g<Xシリーズレッド 91g 重い

XシリーズレッドとXー1の卓球ラケットの感想と評価


XシリーズレッドとXー1の卓球ラケットはどちらもとてもよく弾むいわゆるぶっ飛びラケットです。

Xシリーズレッドの感想は、とてもよく弾みながらも球を持ち過ぎず球離れが早すぎない卓球ラケットという評価です。
打球感がミドルからややハードぐらいに感じました。
卓球ラケットの表面の板は黒く染められて硬めの印象です。
中の板はクリッパーウッドのように赤く染色されていて柔らかめという感想です。
プラスチックボールになってボールが飛ばないという方、弾みが控えめな卓球ラバーを使用している方、腕が太くないので飛ぶ卓球ラケットがほしいという方などにおすすめです。

Xー1の評価は、とてもよく弾みながらもスピンがかけやすい卓球ラケットです。
木材五枚合板ですが板厚があり弾みが強めの性能になっています。
弾き過ぎず球持ちがあります。
Xー1の打球感はミドル前後の印象です。
プラスチックボールが飛ばないので弾みも回転もほしいという方に向いています。

XシリーズレッドもXー1もプラスチックボールに合うラケットという感想でした。
 

レビューしたラケットの販売ページはこちらです。
卓球ラケット中古販売品 ST

卓球ラケット中古販売品 FL AN CO

卓球ラケット中古販売品 中国式ペン 日本式ペン
posted by 卓球ラケットの評価レビュー at 00:02 | Xシリーズレッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年08月09日

松下浩二とヤナギαの卓球カットマンラケットの比較レビュー

松下浩二とヤナギαの卓球ラケットのレビュー

松下浩二とヤナギαの卓球ラケットの性能や特徴をレビューします。
様々な視点から比較分析し、総合的に評価したいと思います。

松下浩二はTSP VICTASから発売されている卓球ラケットです。
木材五枚合板のカットマン用卓球ラケットです。

ヤナギαはTSPの廃盤卓球ラケットです。
木材三枚合板のカットマン用卓球ラケットです。

松下浩二とヤナギαの卓球ラケットレビュー


松下浩二とヤナギαの各性能を比較し、卓球ラケットのレビューをしていきます。

飛距離は、
弾まない ヤナギα<松下浩二 飛距離が出る

スピードは、
遅い ヤナギα<松下浩二モデル 速い

打球時の板の硬さや柔らかさは、
ハード 松下浩二ラケット<ヤナギアルファ ソフト

しなりは、
硬い 松下こうじ<柳アルファ しなる柔らかい

回転のかけやすさ
球離れが速い 松下浩司<柳α ボールに回転かけやすい

重さは、
軽い ヤナギα93g=松下浩二93g 重い

松下浩二とヤナギαの卓球ラケットの感想と評価


松下浩二とヤナギαの卓球ラケットはどちらも同じ重量の個体でした。

松下浩二の感想は、球を持ち過ぎず球離れが早すぎない卓球ラケットという評価です。
打球感がミドルからややハードです。
カットはもちろん攻守やカウンターなど使いやすい卓球ラケットという感想です。

ヤナギαの評価は、ややスピン重視のカットマンラケットです。
柳材でとても柔らかいのかと思いましたが、松下浩二モデルにわりと似ている性能でした。
ヤナギアルファは渋谷プロモデルよりも松下プロモデルに似ています。
打球感がミドルからややソフトです。
松下浩二モデルを少しスピンを増して守備型よりにしたような感想でした。
 


レビューしたラケットの販売ページはこちらです。
卓球ラケット中古販売品 ST

卓球ラケット中古販売品 FL AN CO

卓球ラケット中古販売品 中国式ペン 日本式ペン
posted by 卓球ラケットの評価レビュー at 00:00 | 松下浩二 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


 上記でレビューしたラケットはこちらで販売しています。
 卓球ラケット激安中古販売
 http://takra.seesaa.net/
 中古ラケットが定価の半額以下など激安です。
 レアな廃盤、限定品も多数あります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。